ブログ

2019.10.14 スタッフブログ

未来に繋がる今の仕事

みなさまこんにちは!コーディネーターの鈴木です。
いつも登録に来られる方の様々な歴史をお聞かせいただいていますが、今回は自己紹介という事で私の話をさせていただきます。

まずは私のキャリアについてお話しします

結婚前は技術系のコンサル会社の人材紹介事業部でコーディネーターをしていました。
自分にはできない様々な技術を持った登録者の方達とお仕事を結ぶ事によって、自分の両手の範囲をはるかに超えて社会と繋がっている喜びを感じていました。
また色々な方の人生やお仕事の詳細を聞いて知る事自体も、世界が広がるようで好きでした。

ただやりがいがある反面、とても大切な他人様の将来を左右する責任の重い仕事で、当時は残業も多く、とても子育てしながら続けられないのではと、結婚後の妊活中に退職しました。

 

子育てに一生懸命な日々。再び働こうと思ったのは…

娘を出産してしばらくは、働こうという意識すらありませんでした。初めての子育ての感動と混乱に体力と時間を全て注ぐ毎日だったんだと思います。
幼稚園選びの段階でも同様で、いくつもの園を見学し体験しましたが、ひたすら娘にとって最良の園はどこかという視点で品定めし、働きやすさは全く考えていませんでした。
幼稚園に無事に通園しはじめ、娘と離ればなれになる時間が6時間ほど出来て、初めて働く事を思いつきます。
平日のみの9時半から14時まで、近所の飲食店でランチタイムのパートをはじめました。
はじめは、母という役割ではない自分の時間がある事だけで、嬉しく感じました。ところが働く楽しさを感じ出すと、もっと色々な事に挑戦したいというやりがいを求める気持ちが芽生えてきたのです。

ただ、今の自分には働く事を最優先事項に出来ない。娘と過ごす時間を大切にできる、限られた時間内でも、やりがいを持って働きたい!とはじめてここで今の自分に「最良の仕事」を探したい気持ちが出てきました。

 

グローバル・スタッフに出会って

仕事を探しはじめた私が当社と出会ったのは、実は登録に行った事がきっかけですが、ここではじめて「責任ある仕事でもワークシェアして時短でできる事」を知ったのです。

前職での、やりがいがある反面付随する業務が膨大で全てを1人でやりきろうとするといくら時間あっても足らない、そんな経験が好きな仕事を選択肢から外していたのです。

 

娘の成長と自分の成長

ママコーディネーターとして働きはじめ、色々な出会いで経験値をためる傍ら、娘も成長し小学校に上がり色々な考えを持つようになりました。
グローバル・スタッフでは子連れ登録を歓迎していますが、従業員の子連れ出社も実施しています。
夏休みトワイライトに飽きた娘を連れて出社し、たまたま働く背中を見せる事になったのですが、社会人である母を知る事は娘自身の未来にも繋がる良い経験だったと思います。
「子育てによる時間的な制約はどんどん外れていく事」を実感しています。
その中で、なりたい自分を目指して成長する機会がママになってもあるべきだと思います。
人それぞれ仕事観も人生観も違いますが、日々登録にお越しいただいた方が、よりその方らしく可能性の広がる将来展望を描ける提案ができるよう、頑張っていく、これが今の私の「最良の仕事」です。

弊社では新しい仲間を募集中!

ご興味のある方、下記よりエントリーお待ちしております。

時短正社員!私らしくを仕事に!主婦・ママの雇用を生み出す仕事