ブログ

  • TOP
  • > ブログ
  • > 私らしいキャリアを作る~転勤族の妻のキャリア形成~
2019.08.26 スタッフブログ

私らしいキャリアを作る~転勤族の妻のキャリア形成~

今回のブログは、キャリアコンサルタントチームの髙橋が担当いたします。

 

僭越ながら、私の執筆は初回ということで、自己紹介をさせていただきたいと思います^_^

以前は東京に住んでいましたが、旦那さんの転勤に伴い、3年前に名古屋に引っ越してきました!

旦那さんは4年に1回程度の転勤がある転勤族です。)

1の娘と、2歳になる息子がおり、息子はイヤイヤ期真っ最中。二人目は楽だよ〜」は我が家には当てはまらず、手のかからなかったお姉ちゃんと違い、イヤイヤ怪獣で常に戦闘モードの息子に可愛くもお手上げ状態な毎日です。

実家は遠方で、旦那さんも激務、いわゆるワンオペ育児中です。

 

★私のキャリアについて少し触れたいと思います

新卒で保険会社に入社し、約10年間勤務していました。

初めは地元で入社し、そこから結婚と共に東京に異動。一人目の子供の産休・育休を取得して職場復帰!ワーママとして勤務していましたが、夫の転勤と二人目妊娠をきっかけに、自分自身のキャリアを見直したく退職を決意。

そして、現在は「メンバーがほぼママ」という、このグローバルスタッフで「すべての女性が私らしく働き、私らしくあることのできるよう」微力ながら、お仕事させていただいております。

 

★転勤族の妻が働くということ

そもそも、夫の転勤に帯同しながら働くを、わりと甘く見ていた私。結婚した時はまだ若く、夫に帯同しながら、当時勤めていた会社に勤務して、なんとなく働いていければいいやーと思っていたんです。

しかし、年次を重ねるにつれ、夫の転勤に帯同しながらの会社での自分のキャリアがだんだん描きにくくなくなってきました。転勤をいいわけにしない、誰かのせいにしない、自分が納得するキャリアを歩みたいと思い、会社を辞めようと決断をしました。

間違いなく、これは私の人生の転機。未来の自分への期待も込めての挑戦、未来に向けた意思決定だったと思っています。もちろん、当時を振り返り、ワーママとしてクタクタで辞めて楽になりたかったという気持ちも多少はあったと思います。そして、今、辞めて楽になったで終わりにしてははいけないという、焦りも少なからずあるのが本音です。

 

★転勤があっても、私らしいキャリアを作る

自分のキャリア・人生を考える時、私は10年後どうありたいかということを考えます。

私は、旦那さんの転勤があるので、10年後どこの場所に住んでいるかは見当もつきません。子どものこと、親のこと・・・色々な制約はあるでしょう。

ただ、私は10年後も働いていたい。そして、自分のキャリアは自分で納得できるものを、作り上げていきたいと思っています。

そのために、10年後のありたい自分でいるために、今この時間をどう使おうかということを常に考えるようにしています。

自分が自分のことを好きでいられる私でいたいから。そして、子供に、母親として、一番近くにいる大人として、どういう背中を見せていきたいかということも、一つの軸になっています。

 

 

皆さんは、10年後どうありたいですか??

皆さんが思い描く未来のために、今をどう過ごしたいですか?

 

#働くママ

#ワーママ

#転勤妻

#ワンオペ育児

#チーム育児

#ママのキャリア

#転勤族