ブログ

  • TOP
  • > ブログ
  • > キャリア・トランジションを乗り越える4つのリソース
2020.08.12 スタッフブログ

キャリア・トランジションを乗り越える4つのリソース

こんにちは!コーディネーターの川崎です。

新型コロナウイルスの感染が拡大し、学校がお休みとなったり、飲食店が休業したり、企業ではリモートワーク導入が加速したり、この数ヶ月で大きな変化が世界中の人々に起きました。

 

人生における大きな変化、それを転機という言葉で表現することがありますね。

キャリア理論用語では、トランジションとも言い、過渡期・移行期とも言われます。

まさにこの数ヶ月で転機だと感じた方は多いのではないでしょうか?

 

人生とは転機の連続

ご自身の人生を振り返られて、転機だったなぁと思われる時期はいつでしょうか?

あるいは、どんな出来事でしょうか?

多くの人にとって最初の転機は思春期の頃かもしれません。

それから、学生時代には恋愛や失恋という出来事だったり。

社会人になる時に就職活動をした時期だったり。

結婚や出産、子育てという喜ばしい転機、

病気や事故という辛い転機もあります。

様々な転機を乗り越え、私たちは今を生きています。

この先の人生にも転機は訪れ、その時その時に人生の選択を繰り返していきます。

であるならば、今直面している転機を自分の人生にどう意味づけていくべきなのでしょう?

コロナ禍での仕事の悩み、転職やブランク復帰などキャリア・トランジションを、どうやって乗り越えていけばいいのでしょうか?

 

転機を乗り越える4つのリソース

シュロスバーグというキャリア理論家は、転機を乗り越えるリソースとして4つのSを点検することを提唱しました。

もし今後のキャリアについて考えているならば、次の4つの視点であなたのリソースを点検してみましょう!

 

◆ Situation(状況)

その問題はどんな原因で起きたのでしょうか?何を選択したことで起きたのでしょう?

社会的に予測できることだったでしょうか?突然起きたことだったのでしょうか?

一時的なことなのでしょうか?それとも、永続的なことなのでしょうか?

同じような転機を経験したことがあるでしょうか?その時の気持ちや状態はどうだったでしょうか?

この問題以外に抱えているストレスはあるでしょうか?

この状況はチャンスなのでしょうか、ピンチなのでしょうか?

 

◆ Self(自身)

あなたにとって仕事はどの程度重要でしょうか?

地位や給与、やりがい、何に興味があるでしょうか?

仕事と家庭や趣味などとのバランスをどう考えるのでしょうか?

変化への対応に立ち向かいますか?受容しますか?

自分に対する自信はあるでしょうか?新しいことにチャレンジしようとしていますか?

人生にどのような意義を持っているでしょうか?

 

◆ Support(支援)

必要とする支援を他人や友人、そして家族から得られるでしょうか?

あなたの成功を期待し励ましてくれる人はいるでしょうか?

仕事を探す方法、企業や雇用に関する情報を収集できているでしょうか?

その他の必要な支援や重要な情報の提供者はいるでしょうか?

 

◆ Strategy(戦略)

仕事を探し、新しいトレーニングを受ける等の行動をしているでしょうか?

転機の持つ意味をプラス思考に変えようと試みているでしょうか?

ストレスを解消するために、リラックス方法や運動などでストレス解消をしているでしょうか?

 

グローバル・スタッフにできること

ご自身での点検の結果はいかがだったでしょうか?

4つの中で極端に足りないなと思われたものがあるならば、どうやったら強化できるのかを考えていくことが新たな戦略になります。

そして、ご自身がどう転機を乗り越えてきたかを振り返ることで、仕事が決まりやすくなり、納得の行く働き方ができます。

グローバル・スタッフは求職者の皆様にとってのリソースとなりたいと思っています。

単にお仕事をご紹介するだけではなく、登録面談時でのキャリアの棚卸し、名古屋の企業が求める人材の傾向についての情報やスキルアップの機会のご提供、キャリアに関するセミナーやワークショップの開催、就業中のキャリアカウンセリングなど様々なサービスをご用意しています。

 

登録面談はオンラインで実施

グローバル・スタッフでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、20204月より登録面談を原則オンラインにて実施しています。

ZOOMWebミーティングアプリ)を使用してのオンライン面談は、感染を予防するだけでなく、小さなお子さんがいても気兼ねなく登録面談に臨んでいただけますし、移動時間や交通費もかかりません。

皆様からのエントリーをお待ちしております。