ブログ

  • TOP
  • > ブログ
  • > 新米子育てママの慣らし保育奮闘記。
2018.04.11 スタッフブログ
新米子育てママの慣らし保育奮闘記。
今回のブログは、社内最年少子育てママの早瀬が
担当します。テーマは『慣らし保育』。
多くの働くママたちが通る道ですが、その期間の
奮闘を経て彼女が感じたこととは。
現在慣らし保育に奮闘中のママたちも、既に経験
したママにも、共感必至のエントリーです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

名古屋の新米ワーママ親子の慣らし保育奮闘記

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初めまして、今回ブログ担当の早瀬です。
お初にお目にかかりますので、簡単なプロフィール
からお伝え致します。
今年1月に入社し、この4月から週5のパートタイム
で就業中です(もちろん慣らし保育はありますが…)。

現在1歳4ヶ月になる息子のワンオペ育児中の、
ぎりぎり20代のママです!どうぞよろしくお願いします!
今回のテーマは慣らし保育でお伝えしたいと思います。

今まで箱入り息子でかわいいかわいいと育てて来た
わが子の、最初の試練です…!
実は保育園の入園は4月でしたが、私が働き始めた
のは1月…そうです、入園までの期間が空いている
のです。その間は託児所と、グローバルスタッフで
提携しているキッズライン、そして家族の協力のも
と就業をスタートさせていました。


----------------------------------------------
*託児所ライフ(保育園入園前)の様子
----------------------------------------------

まずは簡単に3月まで息子が通っていた託児所の様
子をご紹介をします。その園は日ごと、必要な時間
ごと、預かってくださるような園でした。

◯時から◯時まで預かると金額はいくら、お昼代い
くら、おむつ代、おやつ代…とそれぞれのケアに対
して料金がかかります(もちろん、お弁当やおやつ
やおむつを持ち込むとその分の料金はかかりません)。

メリットとしてはその日ごと時間ごとのこちらのニ
ーズに合わせやすく、お金さえ払えばきちんと見て
もらえること。

デメリットととしてはその日ごとの為、年齢や人数
が行ってみないとわからないことでしょうか。お迎
え時間もバラバラの為人の出入りが激しくお昼寝が
しづらい、自分のママのお迎えかといちいち期待し
て外れて泣いてしまうなど、まだ月齢がそういって
いない子の生活には合う合わないが出てきそうです。

-----------------------------------------------
*第6希望の遠い園!まずは通園の練習から。
-----------------------------------------------

何とか第6希望の保育園への入園が決まった私と息
子が最初に直面したのは、どうやって通うかという
問題でした。

私は完全なるペーパードライバーで、運動神経が通
っていないので自転車には乗れません。けれど、保
育園は家から歩いて30分の場所…毎日の送迎と通
勤を考えると、抱っこ紐で子どもを抱えて歩くのは
困難です。

…ということで、まずは慣れない自転車の練習から
始めました!被り物が大嫌いな息子に泣きながらヘ
ルメットを被せ、押さえつけられるのが大嫌いな息
子をチャイルドシートに乗せ、家から園、園から駅
など家の周りをぐるぐる…。 

最初は私のよろよろ運転に、脱腸するんじゃないか
というぐらい泣いていた息子も、いつもと違う景色
や自転車のスピードに慣れ、おしゃべりしながら乗
れるようになりました。

533A9684-4880-4213-B53A-2F8D5986E1B1
親子の愛車。


------------------------------------------------
*いざ、慣らし保育初日!その日感じたこと。
------------------------------------------------

いよいよ慣らし保育開始当日です。
なんとかヘルメットを被った息子と園に到着するも、
案の定先生にお願いする時には今生の別れかという
ぐらいに泣く息子。私もなんだかもらい泣きしてい
まい、園の外まで響くわが子の泣き声を聞きながら、
家までまた自転車でよろよろ帰りました。

…が、家に帰ってからは子どもの事はプロに預けた
安心感からか、いつぶりかわからない自分だけの時
間になんだか嬉しくなってしまいました。

いつもはできない掃除機を念入りにかけ(どうして
も掃除機の後ろをついてくるので排気ガスを吸わせ
たくなくいつもクイックルワイパー)、お布団に
ダイソンをかけ(音を怖がって泣く)、洗濯物を
ゆっくり干し(干してる側からはたき落とす)、
トイレ掃除をし(ドアの外でぎゃん泣き)、落ち着
いてあったかいコーヒーを飲みました(コップ飲み
を覚えたので、とってのあるカップは必ず狙ってく
る+熱い飲み物はこぼすと大変)。


一息ついたときに、社長がよく口にする

「主婦の方はお迎えや家事で時間が限られている
からこそ生産性が高く仕事ができる」

という言葉が頭をよぎりました。

無限にある自分の時間ではなく、限られた時間だか
らこそいかに有効に時間を使うか。
慣らし保育というたった2時間だけ預ける中にも、
どうやって家事を回して休憩時間も取るかと、頭を
フルに使って満喫したように思います。



2時間後、迎えに行った息子は私の顔を見て安心感
からかまたぎゃん泣きでした。鼻水ふきふき、涙も
ふきふき、よろよろ運転しながら家に着いて抱きし
める息子はいつも以上に愛おしかったです。




▼名古屋の主婦(ママ)のお仕事探しはこちらから▼
http://www.global-staff.co.jp/search_jobs/

▼子連れOK!子育て中のママ向け登録会▼
(お仕事紹介・キャリアコンサルティング)
http://www.global-staff.co.jp/registration/

#名古屋
#名古屋市保育園
#慣らし保育
#1歳4ヶ月
#男の子ママ
#ワンオペ育児